大同電鍋レシピ

【大同電鍋で作る】茹でない!インゲンの胡麻和えの作り方♪

当サイトは一部記事にPRが含まれます

電鍋レシピ インゲンの胡麻和え

大同電鍋を使った「インゲンの胡麻和え」のレシピをご紹介いたします。

王道のレシピですが、蒸すことで野菜の甘みがグッとアップ!

また、栄養の流出を最小限に抑えることが出来るのも、電鍋の魅了です。

茹でるお湯を準備する必要もないので、忙しいママにぴったりのレシピです♪

作り置きOK

冷蔵保存:4日

おすすめ電鍋レシピ本

材料

3〜4人分

  • インゲン 200g
  • ◎すりごま 大さじ3
  • ◎醤油 大さじ1 
  • ◎砂糖 大さじ1

電鍋の準備

準備

  • 使うもの:内鍋
  • 外鍋水の量:1/2カップ 
  • 蒸し時間目安:10〜15分

※1カップ=1合=180ml

”内鍋”とは、これのこと↓

大同電鍋 内鍋

作り方

step.1 材料を切る

  • いんげんは洗い、ヘタと尖った先端部分をそれぞれ切り落とす(※筋がある場合は、筋を取り除いておく)

step.2 具材を内鍋へ

  • 内鍋にインゲンを入れる

step.3 電鍋を準備

  • 外鍋に1/2カップの水を入れる
大同電鍋 外鍋 水

step.4 スイッチON

  • 内鍋を入れる
  • 蓋をしてスイッチON

step.5 調味料の準備

  • 合わせ調味料を混ぜ合わせる

合わせ調味料

  • すりごま 大さじ3
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1

step.6 電源OFF

  • 電鍋のスイッチが「カンッ」と上に戻ったら調理完了のサイン!

そのまま放置してしまうと食感が悪くなるので、すぐに取り出すこと

step.7 冷やす

  • 内鍋のまま、水を2~3回替えて冷ます(※別で氷水を用意して冷やしてもかまいません)

step.8 切る

  • キッチンペーパーで水気を拭き取る
  • 2~3等分の食べやすい長さに切る

step.9 調理料と合える

  • いんげん全体に合わせ調理料が絡むように、しっかりと混ぜる

step.10 完成

お皿に盛り付けて完成

ワンポイント

水で冷やしたあとのインゲンは、キッチンぺーパーで水分をしっかりと拭き取ってから調味料と和えること。

手間ですが、こうするとこで味がボケるのを防ぐことができますよ♪

また、アレンジとして、人参と一緒に蒸して合えても美味しいです。

おすすめ電鍋レシピ本

上記2冊の電鍋レシピ本ですが、今ならAmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で読み放題対象になっています。

Kindle Unlimited30日間の無料体験あり。

レシピ本って正直当たり外れがあるので、無料体験を使って中身をチェック出来るのはかなり有難いですよね。

他にも、台湾料理のレシピ本など多数読み放題対象になっているのでオススメですよ♪

\30日間無料!いつでも解約OK

※読み放題対象から外れる前にチェック!


-大同電鍋レシピ
-